アフィニティグループ

Amazonには、有志の社員による13のアフィニティグループがあり、世界中の事業や拠点を超えてAmazonの社員が集まっています。例えば、LGBTQ+とアライによるグループGlamazon、障害を持つ社員やお客様をサポートするPWD、Amazonで働く女性およびノンバイナリーの社員とそのアライのためのグループWomen@Amazonなどがあります。
LGBTQ pride flag flies over Amazon's Seattle HQ
Amazon raises a 30-foot Pride Flag in the Doppler promenade on Monday, June 19, 2017, in Seattle, WA. The ceremony reflected the extraordinary progress of advancing U.S. LGBTQ rights and celebrated the community at Amazon. There are more than 40 Glamazon chapters around the world. (JORDAN STEAD / Amazon)
写真: Jordan Stead/Amazon
  • アフィニティグループは、アフィニティグループは、コミュニティを形成するための社内ネットワークの構築、Amazonの事業部門への助言、奉仕活動の主導、Amazonの社員たちが生活し働くコミュニティへの働きかけなど、重要な役割を担っています。*マークは、日本でも活動しているグループです。
  • Amazon PWD*
    Amazon PWD(People With Disabilities) は、精神的および/または身体的な障害を持つ社員やお客様をサポートするコミュニティを構築することで、Amazonをよりよい企業にすることを目指しています。AmazonPWDは、障害のある人とその支援者の両方を歓迎します。毎年AmazonPWDは、AmazonのGlobal Accessibility Awareness 月間の大部分を占めており、会社全体でAccessibility Customer Experience Labsをサポートしています。2018年にAmazonPWDは、Amazonのスペシャルオリンピックスとのパートナーシップをサポートし、米国シアトルのDeafThrive Dayのスポンサーも務めました。また、Amazonのしゃべるロッカーや、キャプションやTap for Alexaを含むAlexaプログラムなど、複数の顧客向けビジネスイニシアチブでも提携しています。
  • Amazon Women in Engineering(AWE)
    AWEのミッションは、Amazonを技術系女性社員と技術系非バイナリーの社員にとって最高の職場にすることです。世界各地のAmazonに30以上の支部があり、社員とインターンの両方にネットワーク、トレーニング、リーダーシップ、コミュニティ構築の機会を提供しています。また、各支部では、STEM分野に進出する若い女性の数を増やすために、コミュニティへの働きかけを行っています。2018年には、プログラミング教室のHour of Codeを開催し4000人以上の子どもたちが参加しました。
  • Asians@Amazon
    Asians@Amazonは、汎アジア系コミュニティにサポート体制とネットワークを提供しています。このグループは、アジア系の社員の採用、入社を支援し、経験を共有し、キャリア開発、ネットワーキング、コミュニティ構築の機会を提供することで、地域を超えてアジア系社員たちを結びつけています。また、地域コミュニティや採用イベントを開催したり、Walk for RiceやKin Onプログラムに参加したりしています。
  • Black Employee Network(BEN)
    Amazon黒人社員ネットワーク(BEN)の使命は、黒人社員を採用し、雇用を継続し、能力を高めることです。BENは、メンバーにメンターを紹介し、キャリアや自己啓発のためのワークショップを提供しています。また、BENは、全米黒人エンジニア協会の地域支部との連携や、歴史的に有名な黒人大学との採用活動の主導、その他の組織との提携なども行っています。2018年、BENのリーダーシップチームのメンバー2人がビジネスアイデアを提起し、それがフルタイムの仕事になりました。彼らは、黒人向けヘアケアショップ「Textures & Hues」をAmazonで立ち上げるチームを作ったのです。このコンセプトは、BENのミーティングで生まれ、リーダーシップによって承認されたプラン、2人のBENリーダーの新しい役割、そして仕事をサポートするチームの創設につながりました。
  • Body Positive Peers
    BPPのミッションは、Amazonをあらゆる体形のお客様と社員にとってインクルーシブ(包括的)なものにすることです。2018年に設立されたこのグループは、ボディポジティブを支持する社員コミュニティを通じて、身体と脂肪のポジティブさと受容性を培うことを目指しています。BPPは、Amazonの社員に体のサイズの包括性について教育し、特に能力、民族、性自認、人種の交差に関連して、体のサイズに対する偏見を打破できるようにすることを目指しています。BPPは、勤務先であるAmazonと協力して、お客様にサイズインクルーシブな体験を提供し、他のアフィニティグループと連携して、ボディポジティブな会話の中ですべての声を代表して発言しています。BPPはまた、Amazon以外の中小企業やコミュニティとも提携し、地域のアイデンティティや文化的な豊かさにおける彼らの役割を支援しています。Body Positive Peersは、大きな体の人やその味方、食べ物やボディイメージとの関係を改善したい人を歓迎し、サポートします。
  • Families@Amazon
    Families@Amazonは、Amazonの12番目のアフィニティグループとして2020年2月に設立されました。グループの目的は、介護をしているすべてのAmazonの社員たちを団結させ、知識を共有し、キャリアの成長を促し、家族間のコミュニティのつながりを育みながら、Amazonを働きやすい職場にするための政策を支持することです。私たちは、介護に親しみを持つすべての人をサポートし、あらゆる視点、場所、家族構成、生活状況を迎え入れます。
  • Glamazon
    Glamazon(グラマゾン)は、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クィア(LGBTQ+)のコミュニティやオポチュニティ(機会)について社員を教育し、情報を提供することで、すべての人にとってAmazonが働きやすい職場となるよう支援しています。このグループは、仲間の社員(LGBTQ+とアライの両方)を指導し、多様性、公平性、インクルージョンを推進しています。Amazonは、世界各地で開催されるイベントやPRIDEなどに協賛することで、LGBTQ+コミュニティ全体での存在感を高めています。Glamazonは、管理職や社員が職場で性転換を行う際に使用するトランスジェンダー・ツールキットの作成を支援しました。2019年には、Glamazonが全社のリーダーと協力して取り組んだ結果、LGBTQの社員に関連する企業の方針や慣行に関する米国のベンチマークツールである「HRC Corporate Equality Index」において、再び100点を獲得するという栄誉に輝きました。
  • Indigenous@Amazon
    Indigenousとは先住民族のこと。2018年に発足したIndigenous@Amazonは、包括的な社員コミュニティであり、社員はAmazon内で他の部族のメンバーを見つけることができます。このグループは、Amazonのグローバルなフットプリント全体で、多様な先住民族の文化を称え、高めるような社内外のインパクトを与えることに努めています。
  • Latinos@Amazon
    Latinos@Amazonは、ヒスパニック/ラテン系の社員のための強力なコミュニティを構築することを中心に、人材の雇用、維持、育成、コミュニティ・アウトリーチへの参加、Amazonでのお客様体験の向上を目指しています。このグループは、社内のメンターシッププログラム、ラテン系のビジネスプロジェクトのための諮問委員会、社会的、文化的、資金調達のためのイベントの開催、全国的な会議や大学での採用活動への参加などを行っています。これは草の根的に組織されたグループで、あらゆるメンバーが提案する多様なイニシアチブや、世界の主要都市にあるボランティア主導の都市支部を支援するために設立されています。
  • Mental Health and Well-Being (MHW)
    MHWは、Amazonで最も新しいアフィニティグループです。その使命は、社員の幸福を促進し、社員が一丸となってメンタルヘルスの偏見をなくし、意識を高め、受容の文化を創造し、お互いにサポートし合える安全なコミュニティを作ることにあります。このグループは、社員がリソースを見つけ、チームメイトとつながることを支援し、Amazonの社員と専門家の講演者やメンタルヘルスの専門家が参加するイベントを開催しています。
  • Warriors@Amazon
    Warriors@Amazonには、現役および元軍人、その家族、そして彼らをサポートするAmazon社員が参加しています。このグループは、メンバーに専門的なネットワークを提供し、コミュニティのアウトリーチプログラムを組織し、退役軍人がAmazon内の市民生活に移行する際の支援を行っています。2018年、Warriors@は、アメリカ、イギリス、インドの従業員を対象とした退役軍人・休戦記念日のイベントをプロデュースしました。また、退役軍人とその家族を支援するために、Habitat for HumanityやToys for Totsなどの団体と提携しています。
  • Women@Amazon
    Women@Amazonは、Amazonで働く女性、ノンバイナリー社員、そしてそのアライ(支援者)のためのグローバルなアフィニティグループで、世界中に80以上の支部があり、アフィニティグループの中で最大の会員数を誇ります。Women@Amazonは、Amazonのすべての事業において、技術職と非技術職の両方で女性を惹きつけ、育成し、維持することに取り組んでいます。Women@Amazonの各支部は、より多くの女性を雇用し、育成し、維持し、向上させるために、専門的かつ個人的なサポートとコミュニティを提供しています。主な取り組みとしては、国際女性デーや年1回のグローバルオールハンドなどのイベントがあり、採用、インクルージョン、エンパワーメントに重点を置いたプログラムを実施しています。
  • Women in Finance & Global Business Services (FGBS) Initiative (WiFi)
    FGBSは、FGBSに所属するAmazonの女性社員とその支持者がネットワークを広げ、パートナーとなり、より大きなコミュニティの一員となるためのグローバルアフィニティグループです。WiFiは、AmazonがFGBSに代表される分野で働く女性にとって、長期的なキャリアの選択肢として地球上で最も求められる存在になることをビジョンに掲げ、採用、定着、昇進、アライシップに重点を置いています。WiFiは、メンバーイベント、トレーニング、キャリア開発、コミュニティへの参加を通じて、このビジョンを推進しています。