気候変動対策に関する誓約

Amazonは、持続可能な未来に向けて地球環境を守るためにさまざまな取り組みを行っています。なかでも、炭素排出量をゼロに削減することには大きな効果があると信じています。Amazonは、パリ協定よりも10年早く、2040年までに炭素排出量を実質ゼロにしたいと考え、その一環として、2025年までに再生可能エネルギーを100%使用して電力供給を行うことを推進しています。
View of a forest canopy from above.
  • 2019年、AmazonとGlobal Optimismは2040年までに二酸化炭素排出量の実質ゼロ化を達成することを約束する「The Climate Pledge(気候変動対策に関する誓約)」に共同調印しました。それ以来、The Climate Pledgeに参加する大手企業の数は増え続けています。参加企業は、低炭素な製品やサービスの開発への投資を促進する上でも、重要な役割を担っています。
  • Amazonが20億ドルを投資して始めた「Climate Pledge Fund」は、地球を守るための製品やサービス、技術を生み出す企業へ投資を行う基金です。Climate Pledge Fundは、未来の二酸化炭素排出ゼロ経済に向けたイノベーションへの投資をします。
Device in bathroom

これまでで最も持続可能なデバイス

Amazonは、お客様が機器の電力消費量を削減するための新しい方法と、そして、より多くのリサイクル可能な素材と、より持続可能なパッケージを採用したデバイスを発表しました。