オフィス

Amazonのオフィスネットワークにより、国内および世界各都市の情熱的なイノベーターが連携し、お客様のためにより良いものを創造するよう協力し合っています。Amazonのオフィスは、インスピレーションを与え、コラボレーションが促進されるようデザインされており、発明が生まれやすい場所となっています。
Amazon Spheres(アマゾン・スフィア)にある「Nest(鳥の巣)」に立つ2人の女性。
Exterior shot of Amazon's Seattle Campus 2017 building sphere outside.
ピュージェット湾地域におけるAmazon
Amazonは、米国ワシントン州のピュージェット湾地域で、あらゆるバックグラウンドやスキルレベルの人々に対して多額の投資を行い、雇用を創出していることを誇りに思っています。シアトルとベルビューのオフィス、ケント、サムナー、デュポンに所在するフルフィルメントセンター(物流拠点)、シアトル・タコマ国際空港のエアハブ、レドモンドにあるカイパープロジェクトの研究開発施設、15以上のAmazonとホールフーズマーケットの実店舗など、ピュージェット湾地域の施設で現在75,000人以上を雇用しています。

シアトルのサウス・レイク・ユニオン地区の最初のビルへ移転したのは、2010年のことです。シアトルのダウンタウンに都市型キャンパスを建設し、地域全体の変革に貢献しようと意図しての決断でした。それ以降、シアトルだけでも5万人以上の直接雇用を創出し、45億ドル以上を投資してきました。こうした投資は、直接雇用に加えて、24万4,000人の雇用創出に貢献してきたと推計しています。2017年にはベルビュー地域での最初のオフィスを開設しました。この地域におけるAmazonのプレゼンスとポジティブな影響を多様化することで、今後数年間で1万5,000人以上の新規雇用を創出する計画です。
夜間に空から見たAmazonのアーリントンキャンパス完成予想図。
アーリントンにおけるAmazon
Amazonは、米国バージニア州アーリントンのナショナルランディング地区での第二本社設立により、この地域において大きな存在となれることを期待しています。Amazonのアーリントン新キャンパスは、エネルギー効率の高いオフィスや、地域のための商業施設、新たな公共スぺースと緑地を備えています。ドッグパーク、レクリエーションエリア、ファーマーズマーケットなど、多彩な用途に対応した1.1エーカーの新しい公共スペースを追加し、中心に大規模な公園があるという、コミュニティが持つビジョンの実現に取り組みます。

Amazonは、すでにバージニア州およびワシントンD.C.の都市圏で雇用している1万人以上の社員に加え、新たに2万5千人の雇用を創出します。そのうち50%は技術関連の仕事で、残りは法務、会計、人事など、典型的な企業支援の業務を想定しています。世界レベルの人材をこれらの地域で雇用できることは、今後私たちがお客様のためのイノベーションを実現する大きな助けとなります。
空から撮影したテネシー州ナッシュビル郊外の工事現場。
ナッシュビルにおけるAmazon
Amazonの投資と雇用創出は、今後10年にわたり、テネシー州デイビッドソン郡ナッシュビル市に、10億ドルの新たな税収をもたらします。中部テネシーの人々と協力して、ナッシュビルの中心街にオペレーション・センター・オブ・エクセレンスを新設し、市内に5,000人の雇用を創出できることをうれしく思います。こうした新規雇用には、技術職と非技術職とがあり、あらゆるスキルとさまざまな教育水準の候補者が対象になります。テネシー州の歴史上、企業が行った最大の雇用投資であり、地域社会と協力していけることを楽しみにしています。

新たに建設するオペレーション・センター・オブ・エクセレンスは、米国南東部における小売り事業物流部門の拠点となります。建設されるのは、中心街のナッシュビルヤード。新たなセンターの建設と継続的な運営により、ビルサービス、サービス業、小売りなどの分野で数千人の雇用が創出され、Amazonからの直接投資2億3千万ドルに加えて、周辺コミュニティに数億ドルの投資が行われることになります。