Our Impact

災害支援

Amazonの災害支援活動は、Amazonの国際物流能力を活用して、最も早く、最も効果的な支援を提供しています。こうした強みにより、Amazonやパートナー企業から寄付された商品を、自然災害発生後に可能な限り早急に、コミュニティに向けて発送することができます。2017年以降、Amazonは1,070万点以上の救援物資を寄付し、世界中で50を超える自然災害の被害に遭った人々を支援してきました。
オレンジや黄色の安全ベストを着た社員が、プライム・エアの飛行機に貨物を積み込んでいます。

毎年、世界中で人々は自然災害による被害を受けています。Amazonはそれらの災害に対して迅速に支援を行っています。

Amazonは、大規模な自然災害に見舞われた地域に、Amazonからの寄付物資を貨物機に積み込み、トラックで輸送してきました。また、お客様がAmazon.comを通じて、簡単に商品を寄付できるようにもしました。Amazon Web Servicesでは、災害対応組織が最も過酷な状況においても、エッジコンピューティングでクラウドサービスにアクセスが可能です。AWSの災害対応アクションチームは、お客様がミッションクリティカルな機能に集中できるようにする一方で、お客様のニーズに基づいて配置可能なインフラを実装します。

日本では、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震、2018年の西日本豪雨、2019年の長野県の豪雨災害、2020年の豪雨災害、など、近年の災害時に、ほしい物リストを活用した支援を行うとともに社員によるボランティア活動を展開してきました。

また、2018年7月に日本赤十字社と災害に関するパートナーシップ協定を締結し、日本赤十字社が行う災害に関する活動を支援するために、Amazon.co.jpのサイトからやAmazon Alexaに話しかけて寄付が行えるようにしました。
経済的に厳しい立場に置かれる子どもたちや家族への教育機会の提供、食料や基本的物資の提供など、幅広い活動も行っています。

被災地支援のための「ほしい物リスト」作成方法

避難所などへ支援物資を届けるために、これまで多くの自治体およびNPO団体の皆様にAmazonの「ほしい物リスト」をご活用いただいています。
おすすめの関連記事