環境への取り組み

Amazon は地球、ビジネス、お客様、そして社会にとって利益をもたらす持続可能性に取り組み、投資をしています。
  • Climate Pledge(気候変動対策に関する誓約)は、2040年までに事業全体で二酸化炭素排出量の実質ゼロ化を目指すAmazonのコミットメントです。さらに、2025年までに再生可能エネルギー100%で事業を行うことを目指しています。
  • Amazonはお客様、コミュニティ、そして世界のために、データセンターで使用する水の量を削減することから持続可能な航空燃料の使用まで、持続可能なビジネスの構築に取り組んでいます。
An aerial view of wind farm in a mountainous desert landscape.

Amazonは気候危機に取り組むため、科学的根拠に基づいて幅広いアプローチをとっています。

2040年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにすることに加え、さらに、2025年までに、すべての事業で再生可能エネルギーの電力比率を100%に到達させることを目標にしています。また、10万台以上の完全電気配送車を発注し、世界各地の森林再生プロジェクトに1億ドルの投資を行う予定です。低炭素経済への移行を促進する製品や、サービスを提供する先見性のある企業を支援するため、20億ドルの Climate Pledge Fund(基金)を立ち上げました。

Sustainability Report(英語)をダウンロード
Three people look at a scale model of an electric delivery vehicle with the Amazon smile logo and "Prime" written on the side.

Amazonが開発した新しい電気自動車の舞台裏に迫る

10万台の電動配送車で、年間数百万トンの二酸化炭素を抑制します。