世界中の多くの皆さんと同様、私たちも危機感と懸念、そして沈痛な想いでウクライナの状況を見守っています。Amazonはウクライナで事業を展開してはいませんが、社員や社内外の関係者にウクライナ出身者やウクライナと深い関わりを持つ人たちがいます。

この数日間、私たちはAmazon全体で、今回の暴力により影響を受けている人たちをどのように支援するのがベストなのかを考え、模索してきました。

現地に拠点を持たない企業が、紛争地域で直接、支援を行うことは困難です。そこで、ユニセフ、UNHCR、世界食糧計画、赤十字、Polska Akcja Humanitarna(ポーランドの人道支援団体)、セーブ・ザ・チルドレンなど、現地で重要な支援を行っている団体に500万ドルを寄付することにしました。

社員からも支援を申し出る声が寄せられており、社員からの寄付金と同額を最大500万ドルまで上乗せして、これらの団体に寄付することにしました。また、支援を希望されるお客様のために、日本、米国、英国、ポーランド、ドイツのウェブサイトに寄付ボタンを設けます。支払いにかかる手数料を無料にする予定です。

ウクライナ国内での救済活動への資金援助に加え、Amazonのチームやウクライナ系移民に対する支援も行っています。例えば、ポーランドで勤務する社員は、自身や家族のために臨時休暇を取得することができるようにしています。またウクライナ国籍を持つ社員が転居する場合、移民用の就労ビザを迅速に取得できるようにしています。

戦争からの復興には何年もかかると思われますが、私たちはNGOや社員、関係各社と協力し、救済活動や、被災された方たちを支援する活動を続けていきます。

Amazon.co.jpのサイトからやAmazon Alexaに話しかけて寄付ができる、Amazon Payを使った日本赤十字社への寄付の方法をご紹介します。ウクライナ国内および周辺国への海外救援金について追記しました。

日本赤十字社への海外救援金の受付窓口はこちら
*Amazonショッピングアプリ経由で海外援助金受付窓口ページが見られない場合は、Webブラウザよりアクセスください。
*Amazon Payを通じてお寄せいただいた今回の海外救援金は、日本赤十字社を通じて全額が救援活動の支援に役立てられます。