【2022年3月2日更新】
現在、ウクライナ各地で激化している戦闘により、死傷者が発生しインフラ等にもダメージが出ております。また、戦闘による被害を恐れて、多くの方々が、周辺国(ポーランド、ルーマニア、スロヴァキア、ロシア等)に避難している状況です。

日本赤十字社では、赤十字国際委員会、国際赤十字・赤新月社連盟、各国赤十字社が実施するウクライナ国内および周辺国への救援活動を支援するため、下記のとおり、海外救援金を募集いたします。

Amazon Payを通じてお寄せいただいた今回の海外救援金は、日本赤十字社を通じて全額が救援活動の支援に役立てられます。 皆様の暖かいご支援をよろしくお願いいたします。

日本赤十字社への海外救援金の受付窓口はこちら
*Amazonショッピングアプリ経由で海外援助金受付窓口ページが見られない場合は、Webブラウザよりアクセスください。

日本赤十字社ウクライナおよび周辺国支援
写真: 日本赤十字社提供

──────────────────────────────────────────

Amazonでは2018年7月に日本赤十字社と災害に関するパートナーシップ協定を締結し、日本赤十字社が行う災害に関する活動を支援しています。

日本赤十字社とAmazonの協力関係は、2011年の東日本大震災の発災時に、アマゾン ウェブ サービス(AWS)による仮想サーバーの無償提供とAWSユーザーコミュニティによるウェブサイト構築の支援に端を発しています。その後、2016年の熊本地震をきっかけに、Amazonのサイト上にAmazon Payを利用した日本赤十字社への寄付窓口を設置し、この窓口を通じて平常時は日本赤十字社への支援金を、また、熊本地震や大阪府北部地震、平成30年7月豪雨の際には被災地への義援金を募集するなど、これまで約7年にわたり協力を続けてきました。

Amazonの技術を活用することで簡単にAmazonのアカウントから日本赤十字社に寄付を行う方法を2種類ご用意しています。ぜひお試しください。*寄付をされる際には、必ず説明事項をよくお読みください。

1:Amazon.co.jpのサイトからAmazon Payを利用して寄付する

  • Amazon Payを利用することで、クレジットカード情報の登録をすることなく簡単に3ステップで募金ができます。
  • 100円、300円、500円、1000円、3000円~100万円までご希望の金額を選んで募金できます。

パソコン、スマートフォンなどからAmazon Payで支払う方法
Amazon.co.jp上にある日本赤十字社の情報ページを開き「Amazonアカウントでお支払い」をクリック

日本赤十字社寄付

2. 次の画面で「OK」ボタンをクリックし日本赤十字社へのログインを許可する

日本赤十字社寄付

3.寄付金額を選択し、「上記内容を理解し、寄付します」をクリックする

日本赤十字社寄付

2:Alexaスキル「日本赤十字」で、話しかけて日本赤十字社に寄付する
Amazon EchoシリーズなどのAlexa搭載デバイスをお持ちの場合、「アレクサ、赤十字を開いて」と話かけることで寄付いただけます。

  • 「アレクサ、赤十字で千円寄付して」のように、最初から寄付する金額を指定することも可能です。
  • 意図しない取引を避けるために、Alexa アプリの「設定」から4桁の確認コードを設定することができます。
  • スキルを有効にし、スキルを起動させた後に、Amazonアカウントの「アカウントサービス」から1-click設定を有効にします。

1-click設定を有効にする手順
Amazon.co.jp Top Pageの「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」を選択。

日本赤十字社寄付

「アカウントサービス」から、「1-Click設定」をクリック

日本赤十字社寄付

1-click設定を有効にする(ボタンをスライドさせる)。

日本赤十字社寄付

  • Amazon Payを経由した方法では寄付の受領証発行には対応していません。受領証が必要な方は、日本赤十字社のメインサイト (www.jrc.or.jp)より寄付をお願いいたします。
  • 寄付可能な金額は100円から1,000,000円までとなります。
  • 寄付された金額は返金できません。あらかじめご了承ください。
  • 寄付の手続きが完了した後、Amazonアカウントにご登録のメールアドレスに、Amazon Payより、「お支払い内容の確認」と「ご請求内容のお知らせ」のメールが送られます。
こちらの記事ではAlexaに「アレクサ、赤十字を開いて」と話しかけて日本赤十字社に寄付をする方法をご紹介しています。

そのほかの記事を読む