在宅ワーク中や子育てなどで忙しいときでも、配送ドライバーと直接対面することなく、スムーズに商品を受け取ることができる「置き配」。受け取りの手間が省け、配達スタイルの定番になりつつあります。しかし、オートロック付きマンションではこれまで置き配が利用できず、さらに「宅配ボックスがすぐいっぱいになってしまう」「宅配ボックスから部屋まで、重たいものを運ぶのが大変……」といった声もあったようです。そんなニーズにお応えして登場したのが、Amazonの新サービスKey for Business(キー・フォー・ビジネス)。このサービスを導入したマンションであれば、オートロック付きマンションでも置き配が利用できるようになります。そこで、そもそもどんな仕組みなの? セキュリティに問題はないの? 費用は? などの疑問にお答えいたします。

セキュリティ面も安心。入居者の暮らしがもっと便利になるKey for Business(キー・フォー・ビジネス)

Key for Business(キー・フォー・ビジネス)は、すでに米国などで先行導入されているAmazonの新サービスです。マンションのオーナー様または管理会社様の承認を予め受けている場合に限り、十分なセキュリティ体制による管理下で使用されます。このサービスでは、Amazonから委託された配送ドライバーが、お届け商品ごとにオートロック解除の認証を受けた専用配送アプリを使ってマンションのオートロックを解除し、商品を玄関前などまで配達します。このサービスを導入すれば、たとえば、置き配指定をしている場合であれば、インターホンでの対応をしていただくことなく、また、留守中であっても、玄関前までの荷物の配達を受けることができます。対面での受け取りをご希望の場合でも、Key for Businessを導入しているマンションであれば、インターホンの対応が玄関前の1回だけで済むというメリットもあります。在宅ワーク中や家事で忙しいときでも、何度もインターホンで対応する必要がありません。オートロックのマンションに住む方にとって、より快適に商品を受け取ることができるようになります。

さらにKey for Businessで置き配を指定いただければ再配達の必要がなくなるため、配送ドライバーの負担が軽減され、配達車が排出する二酸化炭素の削減につながるなど、人や環境にも優しいサービスです。このサービスがマンションに導入された後も、入居者の皆様がマンションに出入りする際の操作はこれまでと変わりません。

Key for Businessでマンションでの商品の受け取りがより便利に

Key for Businessに関する疑問をQ&Aで解決

オートロック付きマンションでも置き配が利用できるようになるKey for Businessについて、気になる疑問をQ&Aで解説していきます。

Q. 配送ドライバーがオートロックを解除できるのは、どんな仕組みですか?

A. お申し込みいただいたマンションへの専用機器の取り付けと、商品のお届けごとに配送ドライバーが専用アプリで認証作業を行うことによって、オートロックの解除が可能になります。
Key for Businessの利用には、マンションのオーナー様もしくは管理会社様によるお申し込み後、小型の専用機器の取り付けが必要です。
マンションにAmazonの商品をお届けするときには、①配送ドライバーが専用アプリを使って、マンションへのアクセスの承認をサーバーにリクエスト。②Key for Businessのシステムが、配送ドライバーのIDや配送ルート、位置情報、時間などを確認し、配送のための制限付き解錠権を付与。③配送ドライバーが専用アプリの画面上でボタンをタップ。この手順を踏むことで、ロックが解除できるようになります。ロックの解除ができるのは配送ドライバーがお届けする商品を持っているときのみです。ロック解除の申請と承認はお届けする商品(ダンボールなど)ごとに行われるため、同じ配送ドライバーでも、お届け商品と専用アプリ、そしてシステムによる承認がなければKey for Businessを使用してロックを解除することはできませんのでご安心ください。

Q. 専用機器の取り付けはどのように行われますか?

A. Amazonの認定パートナーが行います。
Key for Businessの利用に必要な、小型の専用機器は、お申し込み受付後にAmazonの認定パートナーが、マンションのオーナー様または管理会社様と設置日を相談し、取り付けに伺います。この作業後に、マンションでKey for Businessが使えるようになります。Key for Business専用機器は現在のところほぼすべての種類のオートロックに対応しています。

Q.専用機器は誰が設置するのですか?

A. Amazonの認定パートナーが専用機器を設置します。
Key for Businessを導入するには、まずはお問い合わせフォームにご入力・送信いただき、AmazonまたはAmazonの認定パートナーから送付される同意書に同意いただき、お申込みいただく必要があります。お申込み後、設置日が決まりましたら、Amazonの認定パートナーがマンションに伺い、専用機器をドアシステムに取り付けます。
Key for Businessが導入されると、オーナー様や管理会社様からマンションの入居者の皆様へ、「今後はKey for Businessを使って、Amazonのドライバーが入館します」というようなお知らせがされます。

Q. オートロック解除に関する情報を配送ドライバーに知られてしまうことはありませんか?

A. 端末の画面上にはロック解除のマークのみ表示されるので安心です。
オートロックの解錠時、配送ドライバーが持つ端末の画面にはロック解除のマークが表示されるだけで、解錠コードなど大切な情報は一切表示されません。そのため、ロック解除に関する情報を配送ドライバーが知ることはありません。

オートロックでも「置き配」が可能に。新サービスKey for Business(キー・フォー・ビジネス)の疑問をQ&Aで解決
開錠時は、端末の画面に鍵マークが表示されます

Q. Key for Businessのサービスを利用しマンションに入れるようになるのは、Amazonの配送ドライバーだけですか?

A. はい。Amazonの配送ドライバーのみです。
Key for Businessのサービスを使ってマンション内に商品をお届けできるのは、Amazonから委託された配送ドライバーのみです。また、配送ドライバーがマンション内に入れるのは、商品配達時の1回のみです。同じ配送ドライバーでも、お届けする商品と専用アプリ、そしてシステムによる承認がなければ、マンションに入ることはできません。

Q. Amazonのすべての商品で、Key for Businessでの置き配が指定できますか?

A. Amazonが発送する商品で、置き配指定の対象商品が対象となります。ただし、Amazonフレッシュでのご注文は対面でのお届けとなります。
Key for Businessを使って置き配ができる商品は、発送通知メールに「Amazonでお届け」と表示されている商品が対象になります。また、食品など置き配が指定できない商品は、Key for Businessが導入されたマンションでも置き配を指定できません。Amazonフレッシュでのご注文はすべて置き配の対象になりませんので、対面での受け渡しになります。

※可能な限り配送指示に従って対応しますが、対象地域・注文内容また配送時の状況によっては、ご希望に添えない場合があるのでご注意ください。

Q.玄関前に置き配指定にすると、通路をふさいで通行の妨げになりませんか?

A. 通路をふさぐような大型商品は置き配指定でのお届けにはなりません。
通常の置き配指定と同様に、通路をふさぐような大型商品は置き配を選択いただけません。そのため、大型の商品が置き配指定で届く心配はありません。

Q.サービスを導入すると、無条件に「置き配」になってしまいますか? また、置き場所は指定できますか?

A. ご注文ごとに置き配を「する」「しない」の選択ができます。
初期設定では「置き配指定」になっていて、置き場所は玄関になっています。置き配をご希望されない場合は、商品を注文する際に「置き配オプション」を変更する必要があります。また、置き場所も「玄関」や「ガスメーターボックス」「自転車かご」などを指定することもできます。
くわしくはヘルプページをご参照ください。

オートロックでも「置き配」が可能に。新サービスKey for Business(キー・フォー・ビジネス)の疑問をQ&Aで解決
集合玄関はシステムで開錠。対面での受け取り希望でも、インターホンの対応は1回でOK

Q. マンションに住んでいますが、個人でもKey for Businessをつけることはできますか?

A. マンションにお住まいの個人の方がKey for Businessの導入を希望される場合は、マンションのオーナー様、または管理会社様にご相談ください。

Q. Key for Businessの専用機器が壊れてしまったらどうなりますか?

A. Amazonの認定パートナーが専用機器を無償で交換します。
専用機器が壊れてしまった場合は、Amazonの認定パートナーが訪問し機器を交換します。

Q.マンションへの導入に費用はかかりますか?

A. 導入は無料で行うことができます。
マンションへのKey for Businessの導入および利用に関して、入居者の皆様やオーナー様・管理会社様に費用の負担は原則としてありません。

Key for Businessが導入されたマンションであれば、オートロックがあっても、玄関やガスメーターボックスなどご指定の場所への置き配をご利用いただけます。宅配ボックスから荷物を移動させる手間もなく、荷物を受け取るたびにインターホンに何度も対応したり、仕事や家事が遮られたりといった荷受けにまつわるお困りごとが解決できるはず。Key for Businessに対応したマンションは現在増加中ですので、Key for Businessが利用できるようになったら、ぜひ置き配を利用してみてください。

そのほか詳細については「Key for Business」をご参照ください。
Key for Businessのプレスリリースはこちら

「置き配」についてもっと知りたい方は下記もご覧ください。
Amazonの「置き配」に関する、気になる疑問をスッキリ解決