Amazonは米国、フィンランド、ドイツ、イタリア、スペイン、英国で、新たに18件の発電所規模の風力・太陽光発電のプロジェクトを追加し、再生可能エネルギーのポートフォリオを拡大したことを発表しました。これは、クリーンエネルギーの発電力2ギガワット(GW)に相当します。2021年初めに発表されたプロジェクトと合わせると、Amazonは2021年に再生可能エネルギー容量を5.6GW追加することになり、当初目標の2030年から5年早い2025年までに、100%再生可能エネルギーで操業するという目標に向けて、さらに歩みを進めることになります。2021年に調達した5.6GWの発電能力は、2020年に調達した4GWから40%増加しました。

Amazonは、世界で合計274件の再生可能エネルギープロジェクトを発表しました。このうちの105件が発電所規模の風力・太陽光発電プロジェクト、169件が世界各地の施設や店舗の屋上に設置された太陽光発電によるもので、Amazonは世界最大の再生可能エネルギー調達企業となっています。

Amazonは一刻も無駄にすることなく、
クリーンエネルギーの未来に向けて
全力で取り組んでいると
行動で示しています
グレゴリー・ウェットストーン(Gregory Wetstone)氏
米国再生可能エネルギー評議会 プレジデント兼CEO

この新たなプロジェクトにより、Amazonの再生可能エネルギーによる総発電力は12 GWを超え、全てのプロジェクトがフル稼働したときの出力は毎時33,700 GW(GWh)となり米国の300万世帯以上の年間消費電力量に相当する出力になります。

このプロジェクトはAmazonのオフィス、フルフィルメントセンター(物流拠点)、そして世界で数百万のお客様を支えるアマゾン ウェブ サービス(AWS)データセンターに再生可能エネルギーを供給します。また、お客様がご利用のすべてのEchoデバイスの電力量に相当するクリーンエネルギーを生産するというコミットメントを実現する後押しにもなります。

「Amazonは、当初の計画よりも5年早い、2025年までに事業運営をすべて再生可能エネルギーでまかなう目標に向けて、2年続けて新たな記録を打ち立てました」と、クリーンエネルギー調達協会(CEBA)のCEOであるミランダ・バレンタイン(Miranda Ballentine)氏は話し、次のように続けました。「このようなクリーンエネルギーへの大規模な投資は、私たち皆に利益をもたらすもので、形態や規模を問わず、あらゆる産業においてニューノーマルとなるでしょう。こうした投資が、地域のコミュニティに賃金の良い、環境保全に関連した仕事(グリーンジョブ)をもたらし、私たちCEBAのゴールである米国の電力システムの90%の脱炭素化に向けた取り組みを支えています」

Amazonは今回初めて、再生可能エネルギーのポートフォリオ拡大を通じて回避される炭素排出量も報告しました。Amazonは、274件のクリーンエネルギープロジェクトが稼働すると、年間1,370万トン以上の炭素排出量が削減されると見込んでいます。これは、米国の自動車約300万台分の年間排出量に相当します。

「Amazonは炭素排出量の削減と気候危機に向けて、素早く、そして慎重に動いています」と、Amazonのワールドワイド・サステナビリティ担当バイスプレジデントであるカラ・ハースト(Kara Hurst)は話しました。「世界中で行っている再生可能エネルギーへの大規模な投資は、パリ協定よりも10年早く2040年までに二酸化炭素排出量の実質ゼロ化の達成を目指すAmazonの約束を実現するための重要な一歩です。再生可能エネルギーのプロジェクトはまた、新たな投資やグリーンジョブを生み出して、世界各地のコミュニティで電力システムの脱炭素化を進めています」

Amazonは、持続可能な未来に向けて地球環境を守るためにさまざまな取り組みを行っています。なかでも、炭素排出量をゼロに削減することには大きな効果があると信じています。Amazonは、パリ協定よりも10年早く、2040年までに炭素排出量を実質ゼロにしたいと考え、その一環として、2025年までに再生可能エネルギーを100%使用して電力供給を行うことを推進しています。

「Amazonは一刻も無駄にすることなく、クリーンエネルギーの未来に向けて全力で取り組んでいると行動で示しています」と、米国再生可能エネルギー評議会のプレジデント兼CEOであるグレゴリー・ウェットストーン(Gregory Wetstone)氏は話します。「COP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)で世界は、地球全体の炭素排出量削減にはあらゆる分野でさらに大規模かつ大胆な取り組みが不可欠であると合意しました。すでに数百もの再生可能エネルギープロジェクトを推進しているAmazonは、気候変動の危機に立ち向かうために民間企業にどれほどの緊急性や行動力が求められるのかを示すモデルになっています」

米国で8件の新規プロジェクト

  • Amazonは、Amazon初のアリゾナ州とジョージア州での太陽光発電プロジェクトと、オハイオ州、テキサス州、バージニア州でのプロジェクトも含め、米国で1 GW以上の発電所規模の太陽光発電プロジェクトを追加しました。Amazonは米国で62件のプロジェクトを通じて、6 GW以上の再生可能エネルギーの生産を可能にしています。
  • アリゾナ州にあるAmazonにとって2例目となる太陽光発電とエネルギー貯蔵プロジェクトは、300メガワット(MW)の太陽光発電と150 MWのエネルギー貯蔵システムを組み合わせて、たとえ曇りのときでも、最大需要の時期に合わせた太陽光発電を可能にしています。これにより、Amazonのバッテリー貯蔵プロジェクトの総容量は220 MWとなります。

北欧で4つの新たな再生可能エネルギープロジェクト

  • Amazonはフィンランドの4つの風力発電プロジェクトを通して158 MWの発電量を追加し、これにより北欧全体の再生可能エネルギーのポートフォリオは合計950 MWを超えることになります。

イタリア、スペイン、北アイルランドでの追加プロジェクト

  • イタリアでの新たな太陽光発電プロジェクトは、Amazonにとってイタリア国内3例目のプロジェクトとなり、すでに実現している66 MWに40 MWが追加されます。
  • スペインでは、Amazonの新しい太陽光発電プロジェクトをすべて合わせて、630 MW以上の電力が電力網に追加されます。
  • 北アイルランドの新たな風力発電プロジェクトによって、Amazonのポートフォリオは、アイルランド全島で245 MW、英国全体では545 MWを超える風力発電量となります。

合計するとAmazonはヨーロッパで34件のプロジェクトを通じて3.5 GW以上の再生可能エネルギーの生産を可能にし、Amazonはヨーロッパ最大の再生可能エネルギー調達企業となります。

An interactive map of Amazon’s renewable energy projects around the world.

「世界全体で12 GWにも上るAmazonの再生可能エネルギー調達は、同社が2040年までに炭素ゼロの実現に真摯に取り組んでいることを示す強い証です」と、ヨーロッパの企業再生可能エネルギー調達プラットフォームRE-Sourceのインパクトディレクターであるハンナ・ハント(Hannah Hunt)氏は話し、次のように続けました。「Amazonがヨーロッパ各地で行っている10件の新しい再生可能エネルギー事業は地域にも利益をもたらし、グリーンジョブを創出して、気候危機を抑える私たちの約束の実現も後押しするでしょう」

「クリーンエネルギーへの大規模な投資は、私たちが一体となり炭素排出量削減目標を達成するために必要であり、Amazonはその達成に向けて実行しています」と、太陽エネルギー産業協会(SEIA)のプレジデント兼CEOのアビゲイル・ロス・ホッパー(Abigail Ross Hopper)氏は話し、次のように続けています。「Amazonはクリーンエネルギーの未来のための投資を続けており、いまや世界最大の再生可能エネルギー調達企業になっています」

The Climate Pledge(気候変動対策に関する誓約)のコミットメントを果たすために、Amazonは企業として実際にアクションを起こし、当初目標の2030年から5年早く100%再生可能エネルギーで操業する道筋を作り、引き続き事業全体で排出量削減に取り組みます。こうした取り組みには、2030年までにAmazonの全配送のうち50%をCO2ゼロ化する「Shipment Zero(シップメント・ゼロ)」ビジョンの実現に向け、電気配送車両においては過去最大の発注となる10万台の電気配送車の購入、The Climate Pledge Fund(気候変動対策に関する誓約のための基金)を通じた脱炭素のためのサービスやソリューション開発への20億米ドルの投資などが含まれます。

くわしくは、Amazonのサスティナビリティのページをご覧ください。

*この記事は2021年12月1日に米国版About Amazonで発表された記事を日本語に翻訳したものです。

そのほかの記事を読む